Bed type
ベッドの種類

ロフトベッドの選び方とおすすめ商品|特徴とメリット・デメリットを紹介

ロフトベッドの選び方とおすすめ商品|特徴とメリット・デメリットを紹介

ベッドの購入を検討する際、限られたスペースを有効活用したいという理由でロフトベッドを検討される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ロフトベッドは大きく取り扱いが難しいですが、うまく取り入れることができれば、ベッドの設置とスペースの確保が同時にできる優れものです。

この記事では、ロフトベッドのメリット・デメリット、特徴を踏まえた上での選び方について詳しくご紹介します。

ロフトベッドとは

ロフトベッドとは、ベッド部分が高い場所にあり、階段やはしごで昇り降りするベッドのことを指します。

ベッド下の空間に机を置く、収納スペースにするなどして有効活用できることが最大の特徴と言えます。

ロフトベッドのメリット

まずは、ロフトベッドの主なメリットを3つご紹介します。

  1. 部屋のスペースを広く使える
  2. ホコリや湿気の影響が抑えられる
  3. 生活場面を分けることができる

部屋のスペースを広く使える

ロフトベッドの最大のメリットです。

面積の狭いお部屋にベッドを置くと、かなりのスペースを取ってしまいます。

しかし、ロフトベッドなら、ベッド下のスペースを好きなように活用することができ、お部屋のレイアウトの自由度が上がります。

机やソファ、クローゼットなど、スペースがなく諦めていた大型家具も、ロフトベッドであれば同時における可能性があります。また、下にソファベッドを置けば来客時にも対応できるほか、アイデア次第で様々な使い方が可能です。

ホコリや湿気の影響が抑えられる

多くのロフトベッドは床板がメッシュ状、またはすのこ状になっています。

そのため、比較的通気性が良く、布団を敷きっぱなしにしていても湿気が原因で布団にカビが生えるリスクが抑えられます。

また、ほこりは床から30cmの高さを舞っているため、ロフトベッドであれば睡眠時にほこりを吸い込む心配が少なくて済みます。

生活と睡眠の空間を分けることができる

ロフトベッドは高い位置にあるため、ふとした時に腰掛けることができません。

ただ、逆に言えば生活にメリハリをつけられるということであり、ついベッドでダラダラしてしまいがちな方はあえてロフトベッドを選ぶことで、部屋を機能的に使うことができます。

また、来客時に寝床が他人の目に付きづらいのもポイントです。

ロフトベッドのデメリット

次にロフトベッドのデメリットを4つご紹介します。

  1. 昇り降りが不便
  2. 圧迫感がある
  3. 揺れや軋みが生じる
  4. 夏は暑い

昇り降りが不便

ロフトベッドを使うためには昇り降りが必要になりますが、起床やトイレ、忘れ物をした時にその都度昇り降りするのがだんだん面倒に感じてくることがあります。

また、体調が悪い時やケガをした状態で使用するには不便な造りとなっています。

圧迫感がある

ロフトベッドはベッド自体が目線の高い位置にあるため、どうしてもベッドやそれを支えるための脚の存在が大きく、圧迫感を受けることがあります。

また、通常よりも高い位置で寝ることになるため、天井からの距離が近いことで、起床時や就寝時に圧迫感を覚える方もいるかもしれません。必ず自分の部屋での設置イメージを描いてから購入するかどうか判断しましょう。

揺れや軋みが生じる

揺れや軋みは高さのあるロフトベッドならではの欠点です。

しかし、これらの欠点は柱やフレームが太く、横揺れ防止の補強棒が入っているものを選ぶ、軋みにくい材質のものを選ぶといった工夫をすればある程度緩和することが可能です。

夏は暑い

温かい空気は上に溜まりやすい性質があり、ロフトベッドで寝ると夏場はかなり暑く感じるかもしれません。

さらに、一軒家やアパートの最上階などは日中に屋根が熱せられることでそれが室内にも伝導することから、天井からの熱気も重なってきます。

対策としては、サーキュレーターや扇風機を使用することで室内の空気を循環させるのが効果的です。ただし、この夏場は暑いという欠点も冬場は暖かいというメリットに変わります。

ロフトベッド選びで後悔しないために

ロフトベッドは造りが特殊であるため、メリット・デメリットがはっきりしているのが特徴です。

後悔のない選択をするためには、「実際に使うならどうするか?」をシミュレーションしておきましょう。

ロフトベッドの選び方と選ぶポイント

ロフトベッドにはロータイプやハイタイプ、材質や機能など様々な違いがあります。

購入する際には、ベッド下をどのように活用したいかや、実際に置いた時のレイアウトイメージをより明確にしてから選ばれることをおすすめします。

具体的な選び方とポイントをご紹介します。

  1. 高さで選ぶ
  2. 素材で選ぶ
  3. 機能で選ぶ

高さで選ぶ

ロフトベッドには高さがあるため、「天井から近すぎて頭をぶつける」「圧迫感を受ける」といったことがないよう、まずは置く場所の天井の高さをチェックします。

その上で、購入するロフトベットの床面高、布団やマットレスの厚み、自身の座高を足して天井までの距離に収まるかどうか確認しておきましょう。

例として、高さの違うハイタイプとロータイプ、それぞれの特徴をご説明します。

ハイタイプ

ロフトベッドのメリットを最大限発揮できるタイプです。

ベッド下を居住スペースや収納スペースとしても活用できるため、自由度の高さを求める方にはおすすめです。

一方で揺れやすい、圧迫感が出やすいという傾向があります。揺れを抑えるためには、横揺れ防止の補強がされているものや、柱やフレームが太くてしっかりとしているものを選ぶようにしましょう。

ロータイプ

ロータイプは圧迫感が少なく、揺れにくいのが特徴です。

高さがないので、「ベッド下の活用方法に限りがあること」「奥の方にある収納物が取り出しにくくなってしまうこと」といった欠点があります。

「収納スペースは広く取りたいけれど、ハイタイプのロフトベッドは寝るときの開放感や部屋の圧迫感がイマイチ」と考えている方におすすめです。

素材で選ぶ

ロフトベッドの素材は、パイプ製と木製が基本です。それぞれの特徴を簡単に解説します。

パイプ製

価格が安く、色や種類のバリエーションも豊富なのがメリットです。

柱が細いため圧迫感を軽減できますが、軋みやすいというデメリットがあります。

木製

軋みにくく、パイプ製のものより耐荷重性に優れています。

一方、柱が太いため、圧迫感を感じやすいというデメリットもあります。また、パイプ製のベッドに比べ、価格はやや高めです。

機能で選ぶ

ロフトベッドにはさまざまな機能を持った、豊富なバリエーションが用意されています。

用途に合わせて選ぶことで、暮らしを少し快適にしてくれるはずです。

はしごタイプ

はしごタイプはスペースを取らないので、部屋をすっきり使いたい場合におすすめです。はしごの取り外しが簡単にできる製品も多く、使わない時や掃除をする時に移動させることもできます。

一方で、両手両足を使って上る必要があり、毎日の昇り降りが少し大変だというデメリットもあります。また、丸いパイプのはしごは足が滑りやすいため、安全に使用したい方は平らなステップのはしごを選ぶと良いでしょう。

階段タイプ

階段付きのロフトベッドは、はしごよりも安全に昇り降りしやすいのがメリットです。

はしごタイプと比べると階段部分の設置スペースが取られますが、寝ぼけて足を踏み外す危険も少なく、はしごでの昇り降りに不安がある方に大変おすすめです。

階段部分がちょっとした収納スペースになっている製品もあり、収納を増やせるというメリットもあります。

宮付きタイプ

「宮」とは、小物を置く棚のことを指します。

枕元に小物を置くスペースがあると、目覚まし時計や眼鏡、スマートフォンが置けて大変便利ですし、物が落下する危険を減らすことができます。コンセントが一緒に付いているタイプもあり、枕元で充電することも可能です。

ただし、棚の分だけスペースが取られるため、ある程度余裕があることを確認してから選ぶことをおすすめします。

カーテン付きタイプ

ベッド下を目隠しすることができるタイプです。

一部には既にベッド下にハンガーポールが付いていて、そのままクローゼットとして利用可能なものもあります。急な来客があっても、カーテンでプライベートスペースをさっと隠すことができます。

デスク付きタイプ

ロフトベッドの下に机が設置されているタイプです。

ロフトベッドと机を別々に買うより安く購入できる場合が多いです。一体型のため、デザイン性に優れ、お部屋に統一感を持たせることができます。

中には机をスライドで動かせる、高さを調節できる、といった便利な機能を備えた製品もあります。

ソファ付きタイプ

ロフトベッドの下にリクライニングソファが付いており、ソファをフラットにすれば二段ベッドとしても利用可能なタイプです。

ロフトベッドとソファが一体なので、ソファだけ取り外して別の場所に置くことはできませんが、固定したままで良いという方にはおすすめの製品です。

高さや長さの調節ができるタイプ

パーツを取り外すことによって、高さや長さが何段階かに調整できるタイプです。

ベッド下の用途を変えたい場合、引っ越し先で天井の高さが変わってしまう場合でも、高さを調節すれば使い続けられますし、長さを変えれば使う方の身長が伸びても使い続けることができます。

セミダブルタイプ

ロフトベッドにはシングルだけでなく、セミダブルサイズに対応したものもあります。

サイズが大きくなる分、お部屋への圧迫感は大きくなりますが、広々としたスペースで快適に寝られます。

【まとめ】生活スタイルに合わせたロフトベッドを購入しましょう

ロフトベッドの選び方とおすすめの商品をご紹介しました。

ロフトベッドは、そのメリットやデメリットをきちんと理解した上で使用すれば、スペースを有効活用できるとても便利なアイテムです。

さまざまな高さ・素材・機能の中から、ご自身のサイズや生活スタイルに合ったタイプを選び、快適なロフトベッド生活をスタートしてみてください。

カコムトピックス

NEW PRODUCTS

新着商品

  • ヘッドレス フロアベッド/ロニー【Lonnie】 

    ヘッドレス フロアベッド/ロニー【Lonnie】 

     1
    通常価格:6,980
    6,980円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • 人気商品
  • パイン材 すのこベッドフレーム /シャルル【Charles】

    パイン材 すのこベッドフレーム /シャルル【Charles】

     0
    14,080円~
    • 送料無料
    • オリジナル
  • パイン材の棚付きすのこベッド/メッツァ2【metsa2】

    パイン材の棚付きすのこベッド/メッツァ2【metsa2】

     0
    11,800円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • cacom choice
  • パイン材の棚付きすのこベッド/メッツァ キャビネット2【metsa cabinet2】

    パイン材の棚付きすのこベッド/メッツァ キャビネット2【metsa cabinet2】

     0
    12,800円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • cacom choice
  • ヘッドボード付き 引出し収納ベッド/フラップ【FLAP】

    ヘッドボード付き 引出し収納ベッド/フラップ【FLAP】

     0
    24,800円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • 売れ筋
  • 三つ折りポケットコイルマットレス/スタンダード エグゼクティブ【STANDARD/EXECUTIVE】

    三つ折りポケットコイルマットレス/スタンダード エグゼクティブ【STANDARD/EXECUTIVE】

     0
    通常価格:13,801円~
    13,801円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • 人気商品
  • ヘッドボード付き 引出し収納ベッド/ラテ【Latte】

    ヘッドボード付き 引出し収納ベッド/ラテ【Latte】

     0
    通常価格:21,801円~
    21,801円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • 売れ筋
  • 3way ポケットコイル ソファマット / レクフィ【Leqffy】 スクエア

    3way ポケットコイル ソファマット / レクフィ【Leqffy】 スクエア

     0
    15,800
    • 送料無料
    • オリジナル
    • cacom choice
  • 高反発ウレタンマットレス 三つ折り【shiny】

    高反発ウレタンマットレス 三つ折り【shiny】

     0
    通常価格:5,550円~
    5,550円~
    • 送料無料
    • オリジナル
    • cacom choice
  • 【人気の入門モデル】3Dメッシュ/グレー ブラック『3D MESH』

    【人気の入門モデル】3Dメッシュ/グレー ブラック『3D MESH』

     0
    通常価格:11,801円~
    11,801円~
    • 送料無料
    • オリジナル
営業時間
平日11:00~17:00
休業日
土曜・日曜・祝日