自社オリジナルのベッド・マットレス通販専門店cacom

おすすめのベッドをシーン別にご紹介!ベッドフレームとマットレスの種類も解説

おすすめのベッドをシーン別にご紹介!ベッドフレームとマットレスの種類も解説

ベッドは、毎日の睡眠の質を左右する重要なアイテムです。

決して安い買い物ではないですし、せっかく買うのであればより良い1品を選びたいもの。

この記事では、ベッド選びの際に知っておきたいシーン別のおすすめベッドや、ベッドフレーム・マットレスの種類をご紹介します。また、それぞれのベッドフレームやマットレスが、どのような方に向いているかも解説します。

使う人数やシーンごとのおすすめベッド一覧

ベッドのサイズは、使う人数やシーンに合わせて選ぶことが重要です。

ここでは、

  • 1人暮らし
  • 新婚・夫婦
  • 家族
  • 子供部屋

の4つのパターンについて、それぞれにおすすめのベッドを紹介していきます。

1人暮らしにおすすめのベッド

1人で使用する際に最も適しているのは、幅120cm・長さ195cmのセミダブルベッドです。

シングルベッドはゆったり寝るには小さすぎ、ダブルベッドは1人で寝るには大きすぎて、部屋のスペースを余計にとってしまいます。

セミダブルベッドであれば、寝返りを打てるスペースが十分にあるため、快適に眠ることができます。また、お部屋がコンパクトであっても、設置するのに困らないサイズです。

新婚・夫婦におすすめのベッド

新婚・夫婦で使用する際におすすめのサイズは、セミシングル2台とクイーン1台の2パターンです。

セミシングルベッド(幅80~90cm・長さ195cm)を2台並べる

セミシングルサイズのベッドは、2台並べて使うのが主流です。2台並べると、クイーンベッド1台分のサイズとほぼ等しくなります。このサイズは、大人2人でゆったり寝るのに最も適しています。

クイーンベッド(幅160cm・長さ195cm)を1台で使用する

2人で仰向けに寝た場合、1人あたりの占有スペースはシングルベッドよりも少し狭くなりますが、そこまで気にならない程度です。1枚のマットレスを使用するため、境目を気にせず、ゆったりと寝ることができます。

ただし、設置場所までの搬入経路について、よく確認する必要があります。1枚のマットレスだと、搬入が難しい場合には、マットレスが2枚仕様になっているものを選びましょう。

家族で寝るのにおすすめのベッド

家族で寝る際には、連結ベッドがおすすめです。連結ベッドとは、2台以上のベッドを連結して使えるものを指します。家族で寝るためにキングベッドを購入しても、子供の成長に伴い、いつかは使用できなくなってしまいます。

連結ベッドなら、キングサイズ以上のサイズ構成も可能であるうえに、子どもの成長後は、シングルベッドやクイーンベッドに分割して使えます。

子供部屋におすすめのベッド

子供部屋におすすめのベッドには2パターンあります。どちらも機能性を重視しています。

複数の子供が使える

子供が何人かいる場合は、2段ベッドの活用がおすすめです。2段ベッドは、1台分の面積で2人分のベッドを確保できる点に加え、上の子供が大きくなって別のベッドに寝るようになった際は、収納スペースとしても利用できます。

飽きの来ないデザイン

特に女の子は、可愛いデザインのベッドを欲しがるかもしれません。しかし、ベッドは基本的に長く使うものなので、できるだけ飽きの来ない、シンプルなデザインのベッドを選びましょう。

また、収納機能が備わっているかも重要です。ベッドを箪笥代わりにも使えれば、衣類が増えた際にも活躍します。小学生以上の年齢なら、大人と同じサイズのベッドで良いでしょう。

ベッドフレームの一覧と特徴・おすすめできるケース

ベッドフレームの種類は数多く、それぞれ優れた特徴があります。ここでは、代表的な以下のベッドフレームについて、それぞれの特徴と、どのような方に向いているか解説します。

  • ローベッド(フロアベッド)
  • 脚付きベッド/脚付きマットレス
  • 欧風ベッド
  • 引き出し収納付きベッド
  • 跳ね上げ式ベッド
  • ロフトベッド
  • 電動式ベッド
  • 畳ベッド
  • ソファベッド
  • 折り畳み式ベッド

ローベッド(フロアベッド)

ローベッドは、寝床の高さがベッドの中でも特に低いため、横になっている時は天井が高く感じ、部屋全体にも開放感が生まれます。また、小さい子供が落ちても怪我をすることがなく安心です。さらに、ローベッドは使われている部材が少ないことから、低予算でスタイリッシュなベッドを購入することができます。

小さい子供がいる方や、開放感がある中で眠りたい方におすすめです。

脚付きベッド/脚付きマットレス

脚付きベッドは、用途や好みのデザインに合わせて、脚の長さを選ぶことができます。ここでは代表的な2種類の脚付きベッドをご紹介します。

脚付きベッド

脚付きベッドはシンプルなデザインが特徴的です。また、ベッド下に空間があることから、通気性にも優れています。脚が長いものを選ぶことによって、より収納力を持たせることもできます。すっきりした印象のベッドを好む方や、通気性の良さを求める方におすすめです。

脚付きマットレス

脚付きマットレスは、マットレスに直接脚が付いており、脚付きベッドよりもさらにシンプルなデザインが特徴です。部屋にベッドの圧迫感や存在感を与えずに設置できます。サイズ展開も幅広く、一人暮らし、小さい子供、夫婦やカップル、親子など、あらゆるシーンで使えます。

シンプルな部屋を好む方や、低予算でより良い寝心地を求める方におすすめです。

欧風ベッド

欧風ベッドは、「アイアンベッド」「姫系ベッド」とも呼ばれます。脚付きベッドと似ていますが、こちらは鉄や白パイプでできているため、華奢な作りが特徴です。掃除がしやすく、デザイン性にも優れています。ロマンティックなデザインを好む方におすすめです。

引き出し収納付きベッド

引き出し収納付きベッドは、その名のとおり、ベッドの下に引き出し収納の機能が付いています。ベッドスペースを有効活用できるため、部屋をすっきり片付けることができます。人気のタイプであるため、デザイン、カラー、価格帯が幅広く展開されており、自分の好みに合ったタイプを選ぶことができます。

部屋の収納スペースが不足している方や、ベッドスペースを有効活用したい方におすすめです。

跳ね上げ式ベッド

跳ね上げ式ベッドは、床板をマットレスごと上げることによって、ベッド全体を収納スペースとして活かすことができます。引き出しタイプと異なり、引き出しの分のスペースを確保する必要がありません。

ガス圧式のため、力が強くない人でも簡単に開け閉めすることができます。旅行バッグなどの、大きい荷物を入れたい方におすすめです。

ロフトベッド

ロフトベッドは、ベッド下の空間に、ソファーやデスク、収納棚を設置できます。ベッドスペースを最大限有効活用でき、部屋を広々と使えます。ロフト部分に上がる際は、はしごタイプか階段タイプかを選ぶことができます。部屋のスペースの関係で、ベッドと他の家具を別々に設置できない方、部屋を広く使いたい方におすすめです。

電動式ベッド

電動式ベッドは、介護のイメージが強いかもしれませんが、活用シーンや役割はそれだけではありません。電動でリクライニングできる電動式ベッドは、近年スタイリッシュなデザインが増加しています。リクライニング機能を使えば、パソコン操作、読書、テレビ鑑賞の際に、ソファーのようにゆったりと寄りかかってくつろぐことができます。

お年寄りの方だけでなく、リラックスタイムをより充実させたい方にもおすすめです。

畳ベッド

畳ベッドは、畳に直接布団を敷いているような寝心地を味わえます。畳ベッドと一口に言っても、洋風でモダンなデザインのものや、高さを調節できるもの、「除湿」「消臭」「抗菌」などの機能を兼ね備えたものなど、豊富な種類が展開されています。

今まで使っていたお布団をそのまま使いたい方や、硬めの寝心地が好みな方におすすめです。

ソファベッド

ソファベッドは、昼間はソファ、夜はベッドとして使える1台2役の優れものです。ソファとベッドの両方を設置するスペースがない場合に活躍します。ソファベッドは、座面を引き出すタイプと、背もたれを倒すタイプの2種類があります。さらに別にベッドを購入しておけば、友人が泊まりに来た時に来客用のベッドとして使うこともできます。

ソファとベッドのスペースを1つにまとめたい方や、頻繁に来客がある方におすすめです。

折り畳み式ベッド

折り畳み式ベッドは、使わない時に折り畳んで、部屋の隅に寄せておくことができます。中には、そのまま布団を干すことができる便利なタイプもあります。マットレス部分は他のベッドと比べて簡単なつくりとなっているため、低価格で購入できるのも魅力の一つです。

掃除をする際にベッドをどけたい方や、オフィスでの簡易ベッドや、来客時のエクストラベッドとして予備のベッドが必要な方におすすめです。

マットレスの種類と特徴・おすすめできるケース

マットレスの種類は、大きく分けてコイルとノンコイルの2つがあります。以下ではそれぞれの特徴を解説します。

コイルタイプ

コイルタイプのマットレスは、「スプリングタイプ」とも呼ばれます。クッション材に鋼硬線(バネ・コイル)を用いています。

コイルタイプは、体の重さを分散させる荷重分散性に優れています。荷重分散性が高いことは、耐久性があることも意味します。

コイルタイプのマットレスは、「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類に分けられます。

ボンネルコイル

ボンネルコイルは、コイル(バネ)が連結しているタイプです。身体を面で支えるため、硬めの寝心地が得られます。コイル同士の間にすき間があるため、通気性にも優れています。また、ポケットコイルに比べて低価格で購入できるのも魅力です。

ただし、構造上、振動が伝わりやすいため、1人での使用が適しています。硬めの寝心地を好む方や、寝返りの打ちやすさを重視する方におすすめです。

ポケットコイル

ポケットコイルは、1つずつのコイルが包装されて、独立しているタイプです。身体を点で支えるため、肩や腰が沈み込み、包まれるようなフィット感のある寝心地です。一般的には、日本人が好む寝心地と言われています。横揺れが少ないので、特に2人以上で使用する際に適しています。

柔らかい寝心地を好む方や、華奢な方におすすめです。

高密度ポケットコイル

高密度ポケットコイルは、コイルが1列に連続している構造で、ボンネルコイルの約1.5倍ものコイルが使用されています。「ハイカウント」とも呼ばれ、日本では、販売できる権利を持ったメーカーが少なく、商品の展開は限られています。耐久性は全てのマットレスの中で、最も優れています。

日本の高温多湿な気候風土や、日本人の体格に合わせて作られており、やや硬めの寝心地です。質の高い睡眠や耐久性を求める方におすすめです。

ノンコイルタイプ

ノンコイルタイプのマットレスは、その名のとおり、コイルを使用していないマットレスです。「ノンスプリングタイプ」とも呼ばれます。

コイルタイプと比べて構造がシンプルなため、軽量で安価な商品が豊富に展開されています。ノンコイルタイプのマットレスは、コイルタイプより通気性が劣るため、吸水性や通気性の高いベッドパッドの併用をおすすめします。

ウレタンマットレス

ウレタンマットレスは、「低反発マットレス」「メモリーフォーム」とも呼ばれます。荷重された形状を記憶して身体のラインにぴったり沿うため、荷重分散性が最も高いタイプです。

マットレスの中では、特に身体が沈み込みやすいため、華奢な方や、包み込まれるような寝心地で眠りたい方におすすめです。

高反発ウレタン

高反発ウレタンは、跳ね返す力が強く、沈み込まないのが特徴です。バネのような弾力性があることから、寝返りが打ちやすく、理想の睡眠姿勢をキープできます。高反発ウレタンのマットレスを選ぶ際は、ウレタンの密度が高く、側生地が綿や絹、レーヨンなどの吸湿性・吸水性に優れているものを選びましょう。

硬い寝心地が好みの方や、体格が良い方におすすめです。

ラテックス

ラテックスは、ゴムの木から採取された樹液を原材料に作られているマットレスです。特有の柔らかさと、弾力性を兼ね備えており、「荷重分散性に優れている」「自然抗菌作用がある」「耐久性が良い」という特徴があります。

ラテックスマットレスは、ゴムの含有量が高い順に、「天然ラテックス100%」「天然ラテックス」「合成ラテックス」に分類されます。ゴムの含有率が高ければ高いほど、「寝心地」「通気性」「耐久性」に優れています。

長く使いたい方や、腰痛を持っている方におすすめです。

まとめ

シーン別におすすめなベッドと、フレームやマットレスの種類について解説しました。

ベッドは使用人数やシーンに合ったものを選ぶことが重要です。

ご自身にとって、使いやすいベッドフレームと身体にフィットするマットレスをじっくり選んで、睡眠の質を見直してはいかがでしょうか。

営業時間
平日10:00~17:00
休業日
土曜・日曜・祝日