自社オリジナルのベッド・マットレス通販専門店cacom

一人暮らしにおすすめのベッドと失敗しない選び方【予算も考える】

一人暮らしにおすすめのベッドと失敗しない選び方【予算も考える】

一人暮らしをするにあたって、「どんなベッドを選んだら良いかわからない」と悩んではいませんか。

一人暮らしのお部屋はワンルームや1Kの間取りが多く、家具を置けるスペースが限られています。ベッドは最も大きな家具の1つですから、しっかり選ばないと後悔することになりかねません。

この記事では、そんな一人暮らしの方に向け、失敗しないベッドの選び方のポイントをご紹介します。

一人暮らしにおすすめなベッドのサイズと種類を解説

一人暮らしで使うのであれば、サイズはシングルかセミダブルがおすすめです。

種類はいろいろありますが、省スペースを考えるのであれば、ソファベッドやロフトベッドが選択肢に入ってきます。

よく選ばれるベッドのサイズ、そして省スペースで済むおすすめのベッドを詳しくご紹介します。

一人暮らしで使うならサイズはシングルかセミダブル

一人暮らしの方に最もよく選ばれるのは定番のシングルベッド、そしてセミダブルベッドです。

それぞれの大まかなサイズ、そして選ぶ際のメリット・デメリットを詳しく見ていきましょう。

シングルベッド

シングルベッドのベッド幅は約90~100cmです。一般的な一人暮らしの部屋を6畳と考えると、シングルベッドは部屋の4分の1から3分の1を占めるサイズです。

シングルベッドは一般的なサイズですし、大抵の部屋であまり苦労せず搬入できます。さらに機能や種類も豊富なため、お好みのベッドが探しやすいです。また、価格が比較的安い点も、一人暮らしにとってはありがたいポイントです。

しかし、コンパクトな点がメリットである一方、体格の良い方にとっては少し窮屈に感じる場合があります。

セミダブルベッド

セミダブルベッドはベッド幅が120cm前後のものを指します。

シングルベッドとダブルベッドの中間のサイズです。シングルベッドと比べるとゆとりがあるため、多少身体が大きい方でも快適に寝返りを打てます。

しかし、その分部屋のスペースが取られてしまい、他に使える床面積は小さくなってしまいます。また、シングルベッドよりサイズが大きいため、価格も高くなりがちです。

省スペースならソファベッドかロフトベッド

部屋のスペースを最大限有効活用したい方には、ソファベッド、ロフトベッドも検討に入れることをおすすめします。

うまく活用すると、生活がより便利で快適になります。

ソファベッド

「ソファもベッドも置きたいけれど、部屋のスペースが足りない」という方のお悩みを解決してくれるのがソファベッドです。

その名のとおり、ソファとベッドの機能が一体となった1台2役の使用ができる家具で、ソファとベッドを別々に買うよりも費用とスペースを節約することができます。

便利な機能の反面、ソファとして使う際には使わない布団類を収納する必要がありますので、収納スペースに布団をしまう場所の確保を忘れないようにしてください。

また、ソファとベッド両方の機能を備えているために、通常のベッドよりも寝心地が劣る、マットレスを干すことができないというデメリットもあります。

このデメリットを最小限にするため、普段はどちらの用途をメインとして使うのかを明確にし、自分好みのクッション性を持つものを選ぶ、ベッドパッドを使って衛生面の対策を取るなどの工夫をしましょう。

ソファベッドには、背もたれの部分を倒す「リクライニング式」と座面を引き出す「折り畳み式」の2種類が一般的です。

ロフトベッド

ロフトベッドとは、ベッドが高い場所にあり、階段やはしごで上り下りして利用するベッドのことです。

ロフトベッドの最大のメリットは、ベッド下の空間を有効活用できることです。

ベッド下に机やソファを置いたり、クローゼットやチェストを置いて収納スペースにしたりできますので、部屋のレイアウトの自由度が格段に上がります。

そんなロフトベッドにもいくつかのデメリットがあります。ベッド自体が高い場所にあるため、存在に圧迫感を感じてしまう、商品によっては揺れや軋み音が気になる、毎日はしごで上り下りするのが面倒に感じられるという点が挙げられます。

揺れに関しては、選ぶ素材をパイプにする、フレームが太めのものや横揺れ防止の補強棒が入っているものにすることである程度緩和できますし、はしごも両手を使わずに上り下りできる階段タイプにすることで煩わしさが軽減できます。

一人暮らしにおすすめなベッドの選び方【失敗しない】

ここからは具体的なベッドの選び方を解説していきます。

ベッドは大型家具ですから、購入される前にお住まいの部屋のドアのサイズ、通路の幅をきちんと測り、搬入可能か確認した上で購入を検討するのを忘れないようにしましょう。

①ベッドのサイズを決める

部屋のサイズからベッドのサイズを決めることも大切ですが、何より自分の体型とぴったり合っているかどうかが重要なポイントです。

横幅は、自分の肩幅に20~30cmをプラスした幅が理想的とされています。体格の良い方や、寝返りが多い方はセミダブルを選ぶことを検討してみましょう。

また、ベッドは横幅にかかわらず長さは195cmが一般的です。もしもこの長さでは部屋に置けないといった場合、長さが180cmのショートタイプも販売されています。

身長が165cm未満の方なら、ショートタイプでも足元に十分余裕を持って眠れます。反対に通常のベッドの長さでは足がはみ出してしまう場合には、長さが十数センチプラスされたロングベッドをおすすめします。

②予算を決める

まずは、一人暮らしの家具・家電購入にかけられる初期費用を決めましょう。

一人暮らしを開始するために最初に最低限用意しておくべきものとして、ベッドを含めた寝具、ローテーブル、カーテン、照明器具、冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機が挙げられます。これらを全て購入することを想定すると、ベッドに割り当てられる予算の上限額が自ずと決まってきます。

ただし、安いからといって価格だけで安易にベッドを選ぶと、睡眠の質が下がり、疲れた体を休めることができません。日々の生活に支障をきたしますので、慎重に自分に合ったベッドを選ぶことをおすすめします。

③ベッドの種類を決める

その他にもさまざまな種類のベッドが販売されています。欲しい機能やインテリアに合わせて、ぴったりのものを選択しましょう。

フロアベッド(ローベッド)

脚がない、安定感のあるベッドです。ベッドから落ちる心配のある方や、部屋に開放感を持たせたい方におすすめです。

しかし、ベッド下を有効活用することは難しい、掃除がしにくい、通気性が悪いといったデメリットもあります。天板をすのこタイプのものにするとカビが生えにくく、おすすめです。

脚付きベッド/脚付きマットレス

フロアベッドに脚が付いたデザインのベッドです。デザインのバリエーションに富み、脚の長さがある分、ベッド下を収納として活用できますし、通気性も良いのが特徴です。

マットレスに脚が直接付いている低価格なタイプもありますが、マットレスを干したりすることができないため、気になる方はベッドパッドを使うなどの工夫が必要となります。

引き出し収納付きベッド

ベッド下に引き出しの機能が備えられているベッドで、収納の少ない部屋では大活躍してくれます。

注意点として、引き出しを引き出すスペースを考えた上で配置する必要があることが挙げられます。また、脚付きベッドと比較して、通気性が悪いため、マットレス底面を定期的に換気しておく必要があります。

跳ね上げ式ベッド

こちらもベッドの下を収納スペースとして利用できる優れたベッドです。マットレスをおく床面部分をそのまま上に跳ね上げて使用するため、大きなものを収納することができ、安定性にも優れています。一方で、価格が比較的高くなりがちな側面もあります。

折り畳み式ベッド

使用しない時にはベッドを折り畳んでしまっておけるので、部屋を広く使うことができる機能的なベッドです。脚にキャスターが付いているものであれば移動も簡単にできます。

折りたたみ式ベッドは、小さく折り畳むために敷布団や二つ折りの薄いマットレスを使用することが前提になります。分厚いマットレスの寝心地が好みの方は注意が必要です。

【まとめ】一人暮らし用のベッドはスペースと予算を考えて決めるのがおすすめ

一人暮らしにおすすめのベッドの選び方をご紹介しました。

ベッドは睡眠の質を左右する重要な家具ですから、限られたサイズ、予算の中で妥協せずにお気に入りを見つけて選ぶことをおすすめします。

今回ご紹介したベッドの種類の中には、便利な機能や特徴を持つものもあります。ぜひ自分好みのベッドを見つけて、一人暮らしの生活を豊かにしてください。

営業時間
平日10:00~17:00
休業日
土曜・日曜・祝日